TENGA OFFICIAL BLOGは
http://blog.tenga.co.jp に引っ越しました。
引き続き、TENGA OFFICIAL BLOG を
よろしくお願いいたします。





2008年08月09日

性の健康

先日、ついに遅刻してしまいましたふらふらKAIです。



オナニーのし過ぎで疲れているのでしょうかね?

それとも、足りなくて体がなまっているのでしょうか?

一先ず、目覚まし時計を買い足そうと思います時計





さて、ブログテーマがセクシャル・ウェルネスですか。

いつもと違って、マジメなネタが続いていると、「どうしたんだコイツら?」と感じてしまいますね。



性における健康を考えることは大切なことだと思います。

大学時代もそんなことをテーマに研究していましたよ。

特に大切に感じたのは高齢期に入る夫婦の性生活ですね。

望まない性行為に渋々同意する不幸や、知識の無さから起こる不快な性行為など・・・



「カラダと気持ち― ミドル・シニア版40〜70代セクシュアリティ1000人調査」
著:日本性科学会セクシュアリティ研究会

karada.jpg



という本にとても勉強させられました。



年を経るごとに性欲はなくなるものだというイメージがあると思います。

でも、それは間違いであり、無くなるものではありません。

閉経後の性生活を第二の新婚期と捉えることもできます。

しかし、高齢になってからの特有の性知識というものはあまり知られていません。

青年期の性教育も大切ですが、高齢期への性教育というものも必要だと思います。



大切なのは性について、もっとオープンに話し合えることなのですが、とてもデリケートな問題です。

性文化を解放するということは、それに伴う倫理観がしっかりしていないといけません。

過度な性の解放主張は性文化の暴走を生み出すかもしれません。









その主張をモノの力、デザインの力で受け取ってもらいたいと思います。

これからもTENGAを宜しくお願い致します。


セクシャル・ウェルネスをググるとOKAMOTO TENGAが出てきて嬉しいですねわーい(嬉しい顔)
KAIでした。


posted by TENGA at 12:13| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | KAI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。