TENGA OFFICIAL BLOGは
http://blog.tenga.co.jp に引っ越しました。
引き続き、TENGA OFFICIAL BLOG を
よろしくお願いいたします。





2007年03月17日

歯医者と肛門科

毎度まいどのタカシです。

本日は仕事を途中抜けさせていただき歯医者に行って参りました。

2月から何度か通っていて、本日が最終日…クリーニングして仕上げ的な感じでしたが、ここまでくるのに何だかんだと7万ほど治療費がかかってしまいました…(T T)

痛い…かなり7万は痛いです…。

やっぱり医者は早めに行かないとダメですねぇ…

我慢してても痛いだけだし、結局お金もかかりますしねぇ〜

去年なんかは痔を患いまして、やはり肛門科に初めて行くのにはかなり勇気がいることでして…

皆様のご想像されたことがあると思いますが「やっぱケツの穴に指入れられちゃうのかなぁ…」

と思うとなかなか決心がつかず、結果座るも歩くも地獄という悲惨な状態にまでなってしまったのです。

ついに我慢の限界を超え、ネットでなるべく優しそうな肛門科を調べ厳かにかつヒッソリと病院へ…。

やはり想像通り医者(50代の小太りのオヤジ)が「…そんじゃベッドに」ってカーテンの向こうを指差しました。

「やっぱそうだよなぁ〜」と諦めながらカーテンを開けると何の色気もない病院ベッドと『ポーズを書いた絵』が…

「なんだコレは?…女性の姿勢?…」そーです女性が診察されるときの姿勢の絵が描いてあって(わりとリアル)膝までスカートをずらし、横向きに寝て、お尻をあらわにした姿が…。

「そんじゃ男は?」と辺りを探すも見当たらず…おもむろに女性の絵を裏返すと、そこに『男性ポーズの絵』が!

「やはり…」そうです、そうなんです…やっぱり男の姿勢は『マングリ返し』ならぬ『チンぐり返し

あられもない男の姿勢がそこには描かれていたのです…。

そこからは事務的な先生の指示が…絵と寸部たがわぬ姿勢の俺に躊躇も容赦もない先生の指が『ズボッ!

「っう…」軽く声をあげた俺に対し「あぁ〜コレならまだ手術の必要はないなぁ〜ホラここだよココ」と指をグリグリ…

「今まで守ってきたのに…結婚するまでは守り通すつもりだったのにぃ…」などと冗談を言っている余裕などもちろんなく、俺の貞操は見事に奪われたのです…。

あぁ〜思い出したら先生に逢いたくなった…なんて。

皆様「TENGA」は後ろでは無く前を使いましょう…。


posted by TENGA at 21:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | タカシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

全国の肛門科の女医さん追加【痔@痔なんでも情報館
Excerpt: 肛門科の女医さん、追加しました。
Weblog: 痔@痔なんでも情報館
Tracked: 2007-04-05 15:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。