TENGA OFFICIAL BLOGは
http://blog.tenga.co.jp に引っ越しました。
引き続き、TENGA OFFICIAL BLOG を
よろしくお願いいたします。





2006年09月28日

ガンバレ!松本光一!

ご無沙汰してます。典雅の新保です。

最近はずいぶんと肌寒くなってきましたね。


寒くなってくると体調を崩しがちですが、

TENGAでも松本社長を始め、開発アシスタント達も体調不良気味です。


それでも新商品の開発があるので社長の松本は休むわけにはいかず、

朝、病院で点滴をうってもらってフラフラの状態で今も図面を書いています。

こればかりは誰も代わることが出来ないので、応援するしかありません。


と、言ってる私も本日は体調不良です。

徹夜で作業をする社長に頼もしさを感じながら、本日は早めに帰ります。


社長!ガンバッテ!

それでは、お先に失礼します。


posted by TENGA at 00:00| Comment(3) | TrackBack(1) | 新保 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

いつかオナニーできなくなる日

お久しぶりです。TENGAの新保です。

先日、高齢者の介護をされている方とお話をする機会がありました。

その方は、寝たきりや、車椅子で生活しているご高齢の方が自立する為のお手伝いをされている方で、現在高齢者が抱えている性の問題について、お話を聞かせてもらいました。

その方のお話では、人間はどんなに年をとっても性欲自体が無くなることはないとのこと。

ただし、パートナーがお亡くなりになっていたり、寝たきりになっていたりする方が大勢いらっしゃるので、そういった方々は日々悶々として、本気で悩んでいるそうです。

また、勃起力が弱くなっても性欲自体は残っているので、アダルトビデオを観たり、薬を試したりしてオナニーを試みているそうです。

さらに、高齢者施設で起こる様々な問題の原因として最も多いのは、性に関することだともおっしゃっていました。


私は普段何気なくオナニーをしていますが、漠然と60歳くらいになったら性欲が無くなってオナニーもしなくなるのかなと思っていました。

高齢者が性の悩み、問題を抱えているとは思ってもみませんでした。

考えてみると、自分の祖父母にSEXやオナニーをしているかを聞いたこともなければ、TVや新聞で高齢者の性が取り上げられることもほとんど無いので、情報・知識が全く無い事に気がつきました。

実はこれって大問題だと思いませんか?

将来、必ず自分達も同じ苦しみを味わう事になるんですよ!?

でも、いざ自分がその立場になった時には、相談できる相手もいなければ、知識も無く、悶々とした生活を送るしかない状況になっているんです!

今回、お話した方には半勃起状態でも挿入が可能なTENGAスペシャルソフトエディションをお送りしました。オナニーで真剣に悩んでいる方々に渡してもらえるそうです。


いつの日か、オナニーができなくなってしまう日が、全ての人に必ず訪れます。

医療保険や年金も大事な事ですけど、人間の本質に関わる問題として、高齢者の方々の性はもっと広く語られるべき問題だと思いませんか?
posted by TENGA at 21:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 新保 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

TENGA BLACK&WHITEの裏側

皆さん、こんばんは。

以前CMのブログで登場させていただきましたTENGAの新保Pです。


私は、開発アシスタントというよりは本当は生産管理等が本業です。

その為、TENGAを作って頂いている工場の方々と接する機会が一番多いのですが、実は今回のTENGA BLACK&WHITEは工場からは大不評なんです!

と、いっても工場の人達がTENGAを試して気持ち良くなかったとかではありませんので、ご安心下さい。

なにが不評かと言うと、黒白の内部構造図をご覧頂いた方なら解ると思うのですが、とにかく作るのが難しいんです!

まず、BLACK TENGAは今までの赤いTENGAに比べて、とにかく部品の数が多い!

手作業で組んでいるので部品が一個でも増えるとパートさんは大変です。

それなのに3番に関してはローリングパワーボール、エキストラパワーボール、パワードストラップと3つも増えています。

部品が増えれば、もちろん作業の手間も増え、パートさん達への負担も増えてしまいます。

でも、ここまでやるからTENGAなんです!

と、いうことでパートの皆さん、本当にありがとうございます。

この場をお借りして、感謝の意を述べさせていただきます。

では、部品が増えていないWHITE TENGAは簡単かというと、カタログにも書いてありますように、内部の弾性素材を極限まで柔らかくしています。

これが本当に極限なんです。

詳しい作り方は企業秘密ということで、お伝えできないのですが、最初に工場から技術上不可能と言われた柔らかさよりも結果的にさらに柔らかくしてもらいました。

最初は穴が開いたり、破れてしまったりしていました。

しかし!試行錯誤の結果、赤TENGAよりも作る時間は長くなりましたが、こちらの希望通りの柔らかさを実現してくれました!

さすがはプロですね。

これは細かく書くと○ロジェクトXみたいになっちゃいますので割愛させていただきます。

ただし、工場は稼働時間が増えているので大変です。

もし深夜まで稼働している工場を見つけたら、そこでTENGAが作られてるかもしれません!

このように多くの工場の職人さんやパートさん達に支えられてTENGAは作られています。

今回は、そんな職人さんやパートさんに光をあててみました。

よろしければ皆さんからも工場の方々に応援メッセージを送ってください。

きっと、喜んでくれると思いますので、よろしくお願い致します!

posted by TENGA at 00:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 新保 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

BLACK & WHITE CM

こんにちは!

敏腕ワンワン(クンクン)プロデューサーPです。

またの名を戦うソフトネゴシエーター。

趣味はマンガ、格闘技、貧乏ゆすり。あてこすり。

特技は柔道、ごまかし、まやかし、ヒゲこぼしなど多岐にわたります。

TENGAでは異色のマルチタレント。交渉ごとは何でもござれ。

しんちゃ〜ん もしくは ひでちゃ〜ん と呼んでね。

よろしくです!


さてこの度、満を持してTENGAの最高傑作CMを皆様にお届けできること、大変嬉しく思います。

皆様CMは見ていただけましたか?

まだの方はぜひ☆→TENGA BLACK&WHITE CM

映像に少しでも関わったことのある方や動物モノを撮影されている方ならよくわかると思いますが、このCMの撮影はミラクルです。奇跡です。パラソルへんべぇ。

ワンちゃんというものはですね、オスはもちろんのこと、メスも発情期に入っていないと臨戦態勢に入らないんです。

ワン子ちゃんの生理というのは年に1回1ヶ月間あるんだけど、、その期間中すべてが発情期というわけではなく、なんとまぁ排卵日の前後のみが発情期。

というわけでこのCMは企画段階では不可能だと誰もが思ってたわけ。


まずどんな犬を使うか。

今回何軒かの動物プロダクションさんとお話をする中でですね、

同じ犬種で黒と白 となるとこれがまたプードルしかいないんですわ。

最初はラブラドールレトリーバーを考えていたんです、なんとなく。

特に根拠とかは無かったんだけどね。

なんていうんですか、ワンワンプロデューサーの生まれ持った勘といったらいいのかな。

でもようよう調べてみますと、なかなかどうして綺麗な白というのがいないんだよ。これが。どーしてもクリームがかっちゃいましてね。

最近ちょっとアレじゃない。

チワワがちょっとねぇ。アレですものね。

ということもあってプードルにしたってわけなんです。


正直現場で初めて2匹を会わせたって、そううまくいかないことは想像にかたくないでしょ。。

それで今回協力いただいたプロダクションさんは、非常に動いてくれましてね、毎晩のように12時くらいに候補のわんちゃんの写真を送ってきてくれるわけです。

長年プロデューサーをしていますし、動物を使ったモノもいくつも撮影してきた私ですが、正直こんなに動いてくれた動物プロダクションさんは初めてでした。

本当に感謝感謝です。

そして撮影前夜…。

そのプロダクションさんから電話がかかってきましてね、電話の後ろからワンワンワンワンとそれはもうかわいらしい声が聞こえてくるわけですよ。

トレーナーさんがもう一生懸命になってやってくださって、

「このプロダクションさんとなら・・・うまくいくんじゃないか・・・

もしかしたら奇跡が起きるんじゃないか」なんてキンパチ先生くらい真剣に思っちゃいましたよね。


ついに撮影日当日

スタジオでワンちゃん方とのご対面。

ワンちゃんがですね、もうこれでもかというくらい緊張してるんですよ。

もう不安で不安でビクビクしちゃってね、これはあかんわーなんて思っちゃいましたよ。正直ね。

でもね、そこで例のトレーナーさんがもうこれがすごいの。

なにがすごいかって、簡単に言うとムツゴロウさんなんですよ。

生ムツゴロウさんを見たことはありませんけども、テレビでよく見るあの ワシャワシャワシャーというやつありますでしょ。

リアルムツゴロウさんはね、もうすべての愛情を注ぎ込んでその場で調教はじめちゃったんですよ。

まて! まて! 

始めはうまくいかないんですけども、次第にできるようになっていくんです。

そうするとそのリアルムツゴロウトレーナーさんはこれでもかというくらい愛してあげるわけですよ。ワシャワシャシャーって。

もうそしたらこっちのもの。

白いワンちゃんなんかもうムツゴロウさんが待てというたらもういつまでだって待ってましたよ。ええ

問題は黒いワンこの方なんですわ。

こいつがかわいいやつでしてねぇ、まぁ言ってみればまだまだひよっこなわけですよ。

今回の撮影が初めてっていうね。

落ち着きがなくて若いし。

そんな若犬が、不思議なもんだでね、白犬のフェロモンを感じているうちにどんどん興奮してくるんでさぁ。 

テンションガンあがっちゃって あれよあれよという間に臨戦態勢なわけ。

そうなると強いよね。

白は待てといわれれば待てるようになってたから、あとは黒犬次第。

でも最初はぜんっぜんだめ。

白も待つ時間が短かったり、黒は右往左往。

これで撮影になるのかなーなんて正直思ってたんだ。

でもそんなときでもトレーナーさんは常に真剣。

1テイクごとに厳しさと愛とを兼ね備えた調教の繰り返し。

そんなこんなで2時間くらいたったくらいかな

そのとき歴史が動いたんだよね。

テテテテってまるでイクラちゃんのように黒犬が白犬にむかって行って

よいしょってのっちゃったんだよ。白犬の上に!

それでとんでもなく激しい腰使い!

うちのトンガリも真っ青。

やった! と思ったよね。

もうスタッフのみんなから叫びたい気持ちがオーラになって出てるのよ。

嬉しくて、でも声にはできなくて

それでディレクターさんの「カット!」の声で僕らはもう狂喜乱舞 酒池肉林

わっしょいわっしょい どすこい新中野!って感じ。

でもね、そんなときでもリアルムツゴロウさんことワンワントレーナーさんはいたって冷静。

もう撮影中以上にワンちゃんたちを愛し始めちゃってね、

「よくやった よくやった えらいぞ えらいぞー」

ってすっごい褒めてあげるんですよ。

それ見てたらなんか俺感動しちゃって、久しぶりに目頭があつくなっちゃってさ。

俺、生まれたときと、親が死ぬときしか泣かないって決めてたんだけど、あのときもしかしたら目が少しうるんでたかもしんないな。

それくらい感動したんだってこと言いたかったんだけどね。

ほんと最初に絵コンテもらったときはさ、正直無理って思っちゃいましたけど

人間なせばなるんだな
なんてこと改めて思っちゃったよね。

そんなことにも思いを馳せながらこのCMを見てもらえたら、俺嬉しいな。

最後に特に白い方の犬のすまし具合に着目してもらうと、その演技力の高さに驚かれること請け合い。

特に最初の待ち姿勢。

ちらりとこちらにカメラ目線。

最後のあくび・・・

ほんと彼女いい女だよ。

俺なんか腸が炎症を起こしちゃってるからさ・・・


ホームページで見るよりこっちで見たほうが大きくて見やすいかも。

You Tube

奇跡の瞬間を楽しんでもらえれば、プロデューサー冥利に尽きるってもんです。

とくとご覧下さいまし目
banner_01.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。